2021.07.16 在留資格(ざいりゅうしかく)
著作・監修 北中彰 最終更新日: 2021/08/25

Jump Japan+で対象たいしょう在留資格ざいりゅうしかく(ビザ)の種類しゅるい

Jump Japan+で対象の在留資格(ビザ)の種類

Jump Japan⁺で仕事しごとさがせるひと在留資格ざいりゅうしかく(ビザ)の種類しゅるい

した在留資格ざいりゅうしかく(ビザ)をっているひと利用りようできます。

特定技能とくていぎのう

一定いってい範囲内はんいない職種しょくしゅ業種ぎょうしゅ勤務内容きんむないようでの就労しゅうろう可能かのう在留資格ざいりゅうしかくです。現在げんざい特定技能とくていぎのうちが職種しょくしゅ業種ぎょうしゅ勤務内容きんむないよう希望きぼうする場合ばあいは、資格外活動しかくがいかつどう許可きょかまたは在留資格変更ざいりゅうしかくへんこう許可きょか必要ひつようです。

永住者えいじゅうしゃ」「日本人にほんじん配偶者等はいぐうしゃとう」「永住者えいじゅうしゃ配偶者等はいぐうしゃとう」「定住者ていじゅうしゃ

これらの在留資格ざいりゅうしかくを持っている人は、日本国内にほんこくないでの活動かつどう制限せいげんまったくくありませんので、どのような職業しょくぎょうでも就労しゅうろうすることができます。また、他の職業しょくぎょう転職てんしょくすることも自由じゆうです。


技術ぎじゅつ人文知識じんぶんちしき国際業務こくさいぎょうむ

これらの在留資格ざいりゅうしかくっているひとは、おな業種ぎょうしゅ場合ばあいでも転職てんしょくするときは、転職前てんしょくまえ本人ほんにん入国管理局にゅうこくかんりきょくへ「就労資格証明書しゅうろうしかくしょうめいしょ」を申請しんせいして、交付こうふされた証明書しょうめいしょ会社かいしゃ提出ていしゅつすることが必要ひつようです。 おな業種ぎょうしゅでの転職てんしょく在留資格ざいりゅうしかく変更へんこう必要ひつようになります。

技能実習ぎのうじっしゅう2ごう修了予定しゅうりょうよてい特定技能とくていぎのうでの就職先しゅうしょくさきさがしているひと

技能実習ぎのうじっしゅう2ごうまでを良好りょうこう修了しゅうりょうした場合ばあいは、おな業種ぎょうしゅであれば特定技能とくていぎのう試験しけんけないで、特定技能とくていぎのう移行いこうすることができます。

留学生りゅうがくせい」「家族滞在かぞくたいざい

これらの在留資格ざいりゅうしかくっているひとは、在留資格ざいりゅうしかくだけでははたらくことができません。はたらくためには、「資格外活動許可書しかくがいかつどうきょかしょ」を申請しんせいしなければいけません。 これは、はたら場所ばしょ特定とくていせずに許可申請きょかしんせいを出すことができます。資格外活動しかくがいかつどうは、しゅう28時間じかんよりながはたらいてはいけないという制限せいげんがあります。
留学生りゅうがくせい卒業後そつぎょうご日本にほん就職活動しゅうしょくかつどうをする場合ばあい特定活動とくていかつどう46ごうとして在留ざいりゅうすることができます。

特定活動とくていかつどう46ごう

日本にほん大学だいがく日本にほん大学院だいがくいん卒業そつぎょう修了しゅうりょう学位がくいをもつひとで、日本語能力試験にほんごのうりょくしけんN1を取得しゅとくしているひとなどは、特定活動とくていかつどう46ごう在留資格ざいりゅうしかくることができます。