2021.07.16 日本政府の外国人材政策についての意見交換会質疑応答
著作・監修 北中彰 最終更新日: 2021/07/27

日本政府の外国人材政策に関する第7回木村義雄先生意見交換会の質疑応答

日本政府の外国人材政策に関する第7回木村義雄先生意見交換会の質疑応答

新型コロナウイルス水際対策とオリンピック開催の影響で、日本政府の外国人入国政策が迷走する中、日本政府は先般「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和3年度改訂)」を発表しました。 しかしその内容は、昨年版の焼き直しに過ぎない内容との声が上がっています。 また、表現にあいまいな部分が多く、日本政府の今後の方針を具体的に知りたいという声も聞かれます。
この度はこうした皆様の声にお応えして、前自由民主党外国人労働者等特別委員会 委員長の木村義雄先生に「外国人材政策の今後の展望について」大いに語っていただく機会を設けました。
当日は監理団体、人材会社、登録支援機関、教育機関、行政書士、社労士、コンサルタントの方々、また外国人の受入れを考えている企業・団体の方々総勢186名もの皆様にご参加いただき、とても活発な意見交換をさせていただきました。
参加者の皆様からいただいたご質問・ご意見に対する木村義雄先生の一問一答を下記の通り書き起こしいたしましたので、今後の皆様の活動のご参考にしていただければと存じます。

全般的なご意見・ご要望

特定技能に関するご意見・ご要望

技能実習に関するご意見・ご要望