2021.10.29 特定技能
著作・監修 北中彰 最終更新日: 2021/10/29

【試験情報】製造業 特定技能1号試験<随時更新>

【試験情報】製造業 特定技能1号試験<随時更新>

目次

  1. 特定技能と試験について
    1. 特定技能とは
    2. 日本語試験と技能試験について
  2. 試験情報
    1. 学科試験
    2. 実技試験
  3. 国内試験情報
    1. 最新のスケジュール
    2. 年間スケジュール
  4. 国外試験情報
    1. インドネシア
    2. タイ
    3. フィリピン
  5. 学習用教材

1.特定技能と試験について

1-1 特定技能とは

「特定技能」は、日本の少子高齢化に伴い、深刻化の進む企業の人手不足に対応するために2019年4月に設立した新しい在留資格です。
「特定技能」の在留資格を持つ外国人を受け入れることができる特定産業分野として14業種が認められており、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業もその中の1つです。
「素形材産業の特定技能1号」「産業機械製造業の特定技能1号」「電気・電子情報関連産業の特定技能1号」の在留資格を得る条件として、「日本語試験」と「技能試験」で一定の合格基準に受かることが必須となっています。

1-2 日本語試験と技能試験について

日本語試験は「日本語基礎テスト(JFT-Basic)」の合格または「日本語能力試験(JLPT)」4級以上の合格が必要です。

技能試験は株式会社サーティファイが実施する「製造分野特定技能1号評価試験」の合格が必要です。

2.試験情報

下記は株式会社サーティファイが実施する「製造分野特定技能1号評価試験」の情報です。

試験科目 学科試験と実技試験
試験時間 学科試験:60分/実技試験60~90分(業種によって異なる)
試験方式 CBT方式、ペーパーテスト方式または製作等作業試験方式
受験料 2,000円

2-1 学科試験

合格点 65%以上

2-2 実技試験

合格点は以下の通りです。

製作等作業試験方式を採用する試験区分 判定方法は各試験区分により設定
溶接 手溶接作業はJIS Z 3801、半自動溶接はJIS Z 3841に基づいて判定
上記以外の試験区分 60%以上

3.国内試験情報

3-1 最新のスケジュール

最新のスケジュールは以下の通りです。
溶接

  
実施地域 試験場所 試験日程 試験区分 定員
名古屋 中部地区溶接技術検定委員会 2021/11/2(火) 溶接(手溶接、半自動溶接) 20名
川崎 東部地区溶接技術検定委員会 2021/12/13(月) 溶接(手溶接、半自動溶接) 20名
2022/1/26 溶接(手溶接、半自動溶接) 20名
仙台 東北地区溶接技術検定委員会 2021/12/16(木) 溶接(手溶接、半自動溶接) 20名
広島 中国地区溶接技術検定委員会 2021/12/24(金) 溶接(手溶接、半自動溶接) 20名

2021年11月・12月・2022年1月に行われる国内溶接4会場での試験は、一人1会場までの申し込みで、一度申し込みした人が別会場への申し込みはできません。 合格証明書の発行手数料は2021年度分についてはかかりません。
試験結果は、試験後3ヵ月以内に受験者全員にEメールで連絡がきます。
試験の日程は選択できますが、時間は受験者が指定することはできません。

3-2 年間スケジュール

令和3年度の国内試験は3回(7~9月、11~12月、2~3月)を予定しています 。
【参考】 製造分野特定技能1号評価試験一覧

4.国外試験情報

4-1 インドネシア

試験言語はインドネシア語です。

  
実施地域 試験場所 試験日程 試験時間 試験区分 定員
インドネシア Universitas Darma Persada 2021/10/26 9:00~12:00 鋳造、鍛造、ダイカスト 各試験分野にて各受験会場20名程度
14:00~17:00 機械加工、金属プレス加工、鉄工
2021/10/27 9:00~12:00 工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理
14:00~17:00 仕上げ、機械検査、機械保全
2021/10/28 9:00~12:00 電子機器組立て、電気機器組立て、プリント配線板製造
14:00~17:00 プラスチック形成、塗装、工業包装

4-2 タイ

試験言語はタイ語です。

  
実施地域 試験場所 試験日程 試験時間 試験区分 定員
タイ Thai-Nichi Institute of Technology (Bangkok) 2021/11/07 9:00~11:45 鍛造、ダイカスト、機械加工、機械検査、機械保全、金属プレス加工、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、電気機器組立て 各試験分野にて各受験会場20名程度
13:30~16:15 プリント配線板製造、鋳造、めっき、電子機器組立て、工業包装、鉄工、工場板金、プラスチック成形、塗装

4-3 フィリピン

フィリピン会場の2021/08/22の試験は延期になりました。
試験言語は英語です

  
実施地域 試験場所 試験日程 試験時間 試験区分 定員
フィリピン Okada Manila 未定 10:00~13:00 鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、機械保全、プラスチック成形、プリント配線板製造 各試験分野にて各受験会場20名程度
15:00~18:00 工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査、電子機器組立て、塗装、工業包装

【参考】 製造分野特定技能1号評価試験一覧

5.学習用教材

鋳造 学科サンプル 実技サンプル問題
鍛造 学科サンプル 実技サンプル問題
ダイカスト 学科サンプル 実技サンプル問題
機械加工 学科サンプル 実技サンプル問題
金属プレス加工 学科サンプル 実技サンプル問題
鉄工 学科サンプル 実技サンプル問題
工場板金 学科サンプル 実技サンプル問題
めっき 学科サンプル 実技サンプル問題
アルミニウム陽極酸化処理 学科サンプル 実技サンプル問題
仕上げ 学科サンプル 実技サンプル問題
機械検査 学科サンプル 実技サンプル問題
機械保全 学科サンプル 実技サンプル問題
電子機器組立て 学科サンプル 実技サンプル問題
電気機器組立て 学科サンプル 実技サンプル問題
プリント配線板製造 学科サンプル 実技サンプル問題
プラスチック成形 学科サンプル 実技サンプル問題
塗装 学科サンプル 実技サンプル問題
溶接 学科サンプル(半自動溶接)
学科サンプル(手溶接)
工業包装 学科サンプル 実技サンプル問題

【参考】 製造分野特定技能1号評価試験本試験の試験制度