JumpJapan

お気軽にお問い合わせください
03-5640-1770 【営業時間】平日 9時-17時30分

今回(こんかい)日本(にほん)企業(きぎょう)(はたら)ベトナム(べとなむ)(じん)(かた)に、面接(めんせつ)のことや日本(にほん)での生活(せいかつ)についてインタビューしてみました!
実際(じっさい)日本(にほん)企業(きぎょう)(はたら)くのは、どんな(かん)じかイメージできない(ひと)や、(いま)就職(しゅうしょく)活動(かつどう)している(ひと)()んでみてください。

lift_iv10

日本(にほん)()たきっかけはなんですか?

jisshuusei

1(ねん)(かん)日本語(にほんご)学校(がっこう)留学(りゅうがく)していて、そのあと専門(せんもん)学校(がっこう)()き、就職(しゅうしょく)活動(かつどう)をしました。

lift_iv10

それでそんなに日本語(にほんご)上手(じょうず)なんですね!

jisshuusei

とんでもないです。

jisshuusei

もともとなぜ日本(にほん)興味(きょうみ)()ったのですか?

jisshuusei

小学校(しょうがっこう)(ころ)から日本(にほん)のアニメやドラマを()ていて、日本(にほん)文化(ぶんか)がベトナムに(ちか)いと(おも)いました。日本(にほん)は(GDPが)(むかし)トップだったから、海外(かいがい)()くなら日本(にほん)がいいなと(おも)っていました。
あとは、その時日(じじつ)(ぼん)留学(りゅうがく)するための制度(せいど)手続(てつづ)きが簡単(かんたん)だったのもあります。
それで、(ほか)(くに)()くのに(くら)べて日本(にほん)がいいかなと(おも)いました。

jisshuusei

なるほど。制度(せいど)手続(てつづ)きは大変(たいへん)そうですもんね、そこも(ふく)()めたんですね。
日本(にほん)()てよかったですか?

jisshuusei

学校(がっこう)(とき)はすごく(たの)しかったです。日本(にほん)すばらしいなと(おも)いました。
社会(しゃかい)()ると、やっぱり(きび)しいこともありますが頑張(がんば)っています。

jisshuusei

日本人(にほんじん)友達(ともだち)はいますか?どこで(つな)がりができましたか?

jisshuusei

学生(がくせい)のときのアルバイト(さき)や、ベトナムのイベントがあってそれに参加(さんか)したときなどです。
大使館(たいしかん)がやっているベトナムのイベントとかにも参加(さんか)したことがあります。そこで出会(であ)ったりしました。

jisshuusei

積極的(せっきょくてき)参加(さんか)することで友達(ともだち)()やしたんですね。
ベトナム企業(きぎょう)では(はたら)(ひと)(たい)してこんな制度(せいど)があるけど、日本(にほん)企業(きぎょう)もこの制度(せいど)()()れてほしいとかありますか?

jisshuusei

日本(にほん)企業(きぎょう)(ほう)(はたら)くには、いい制度(せいど)がいっぱいあると(おも)います。なので、(ぎゃく)にベトナムの(ほう)()()れてほしいです。

jisshuusei

就職(しゅうしょく)活動(かつどう)についてお()きします。面接(めんせつ)()かれたことはどんな質問(しつもん)ですか?

jisshuusei

よく()かれたのは、どうして日本(にほん)なのかという質問(しつもん)です。アメリカやヨーロッパじゃなくて日本(にほん)(はたら)きたい理由(りゆう)です。
(まわ)りの外国人(がいこくじん)にきくと、7(わり)くらいはお(かね)(かせ)ぎたいと()っています。 あとは、+α日本(にほん)文化(ぶんか)とか便利(べんり)さとかもあります。
(わたし)場合(ばあい)は、留学(りゅうがく)したときにアルバイトしないといけなかったので外国人(がいこくじん)でもはたらけるアルバイト(さき)もいっぱいありそうだなと(おも)ったからです。

jisshuusei

志望(しぼう)動機(どうき)()かれましたか?

jisshuusei

志望(しぼう)動機(どうき)(かなら)()かれました。ここが一番(いちばん)大変(たいへん)でした。学校(がっこう)のときは、面接(めんせつ)対策(たいさく)をしてもらえなかったので、ほとんど自分(じぶん)たちで、ネットで調(しら)べたり、先輩(せんぱい)たちに色々(いろいろ)アドバイスをもらいました。
履歴書(りれきしょ)()くのも大変(たいへん)でした。
(いま)(くら)べると、日本語(にほんご)(りょく)(ひく)かったと(おも)うので、(しゃべ)りたいことも言葉(ことば)(かべ)(しゃべ)れなかったりしました。その(とき)自分(じぶん)()っている言葉(ことば)頑張(がんば)って(つた)えました。

jisshuusei

日本(にほん)での面接(めんせつ)と、ベトナムでの面接(めんせつ)との(ちが)いはありますか?

jisshuusei

ベトナムの(ほう)が、言葉(ことば)(つう)じることもあり緊張(きんちょう)しなかったです。ベトナムでは、どんな仕事(しごと)ができるかを(おも)()かれます。
日本(にほん)(ほう)は、もちろん仕事(しごと)(はなし)()ますけど、趣味(しゅみ)()きなことについて仕事(しごと)以外(いがい)のことも()かれます。面接(めんせつ)(ちゅう)に、(わら)ってくれて、やさしい印象(いんしょう)でした。だから、面接(めんせつ)のときに合格(ごうかく)なのか不合格(ふごうかく)なのか()かりませんでした。いいかんじと(おも)ってもダメなときもありました。 日本(にほん)面接(めんせつ)回数(かいすう)(おお)企業(きぎょう)もあります。3(かい)くらいまではベトナムでもありますが、5(かい)くらいある会社(かいしゃ)もあるのでそこは大変(たいへん)だと(おも)います。
グループディスカッションも(はじ)めてやりました。数人(すうにん)(はな)()うのを日本人(にほんじん)()ざってやったりしました。

jisshuusei

面接(めんせつ)何社(なんしゃ)くらい()けましたか?

jisshuusei

9~11(しゃ)くらいだったと(おも)います。

jisshuusei

企業(きぎょう)(えら)びはどうやってしていましたか?

jisshuusei

最初(さいしょ)飲食店(いんしょくてん)やホテルを()けました。面接(めんせつ)(ひと)がよかったところは一生(いっしょう)ここで(はたら)きたいとも(おも)いました。

jisshuusei

面接(めんせつ)(まえ)にした準備(じゅんび)はありますか?

jisshuusei

はい、練習(れんしゅう)しました。先輩(せんぱい)(おそ)わったのは、自分(じぶん)質問(しつもん)(たい)する(こた)えを録音(ろくおん)して確認(かくにん)する方法(ほうほう)です。
あとは、ネットで会社(かいしゃ)のホームページで情報(じょうほう)()ました。
(ちい)さい会社(かいしゃ)だと、ホームページ()てもあまり情報(じょうほう)()ってなかったのでそこは大変(たいへん)でした。

jisshuusei

なるほど、その練習(れんしゅう)方法(ほうほう)いいですね! どうやって会社(かいしゃ)をさがしましたか?

jisshuusei

インターネットで検索(けんさく)したり、直接(ちょくせつ)企業(きぎょう)電話(でんわ)をして(さが)しました。学生(がくせい)のころのアルバイトもまず電話(でんわ)して(さが)しました。外国人(がいこくじん)なので、もともと外国人(がいこくじん)(やと)ってくれるところなのかを確認(かくにん)しました。 求人(きゅうじん)情報(じょうほう)があっても外国人(がいこくじん)があてはまるか()かりませんでした。

jisshuusei

就職(しゅうしょく)活動(かつどう)は、仕事(しごと)紹介(しょうかい)してくれるサービスを使(つか)わずにしていたのですか?

jisshuusei

そうです。だから大変(たいへん)でした。

この(ほう)自分(じぶん)企業(きぎょう)(さが)して、仕事(しごと)(さが)していたためとても苦労(くろう)していました。

人材(じんざい)紹介(しょうかい)会社(がいしゃ)(たよ)って就職(しゅうしょく)活動(かつどう)をする(ほう)が、(はや)(らく)仕事(しごと)()つけられますよ♪

就職(しゅうしょく)活動(かつどう)は、(はじ)めてするには日本人(にほんじん)でも大変(たいへん)なので、外国人(がいこくじん)のみなさんはもっと大変(たいへん)だと(おも)います。

就職(しゅうしょく)活動(かつどう)は、JumpJapan+を使(つか)って仕事(しごと)(さが)しましょう!

完全(かんぜん)無料(むりょう)で、スタッフがあなたの仕事(しごと)(さが)しをサポートします!

やりたい仕事(しごと)場所(ばしょ)入力(にゅうりょく)して検索(けんさく)すると、それに()仕事(しごと)がでてきます。

()になる求人(きゅうじん)には応募(おうぼ)ボタンで応募(おうぼ)ができます!

(いそが)しい(なか)でも仕事(しごと)(さが)せて、企業(きぎょう)との面接(めんせつ)のやりとりはスタッフが(あいだ)にはいって調整(ちょうせい)してくれる!

企業(きぎょう)とのやりとりを(まか)せて効率的(こうりつてき)就職(しゅうしょく)活動(かつどう)をしませんか?

まずは、会員(かいいん)登録(とうろく)就活(しゅうかつ)登録(とうろく)をしてみてください!
こちらから ↓↓↓↓↓↓↓↓

https://jumpjapan.net/

動画(どうが)()たいひとはこちらから

目次 もくじ -INDEX-

  1. ネットワーク環境(かんきょう)確認(かくにん)
  2. 面接(めんせつ)適切(てきせつ)場所(ばしょ)
  3. スマートフォンの固定(こてい)
  4. カメラ目線(めせん)
  5. 返事(へんじ)などのリアクション

みなさんこんにちは。
今回 ( こんかい ) は「 面接 ( めんせつ ) 絶対 ( ぜったい ) 注意 ( ちゅうい ) しなければならない、5つのこと」をお ( はな ) します。

( いま ) は、 新型 ( しんがた ) コロナウイルスの 影響 ( えいきょう ) でオンラインでの 面接 ( めんせつ ) ( おお ) いと ( おも ) います。 オンラインでも 面接官 ( めんせつかん ) は、あなたのことをしっかり ( ) ています。 自分 ( じぶん ) ( いえ ) でも 緊張感 ( きんちょうかん ) ( ) って 面接 ( めんせつ ) にのぞみましょう

ネットワーク 環境 ( かんきょう ) 確認 ( かくにん )

まず、 面接 ( めんせつ ) 絶対 ( ぜったい ) 注意 ( ちゅうい ) しなければならないこと1つ ( )
ネットワークがしっかり ( つな ) がることを 確認 ( かくにん ) しましょう。
これはオンライン 面接 ( めんせつ ) では1 ( ばん ) 大切 ( たいせつ ) なことです。
ネットワークが 安定 ( あんてい ) していないと、 途中 ( とちゅう ) ( ) れてしまう、 ( こえ ) がしっかり ( はい ) っていない、 面接官 ( めんせつかん ) ( こえ ) ( ) こえない、 画面 ( がめん ) ( ) まってしまうなどが ( ) こります。
そうなると、 面接 ( めんせつ ) がストップしてしまい 面接官 ( めんせつかん ) ( こま ) ってしまいます。
面接 ( めんせつ ) をスムーズに ( おこな ) うためには、 事前 ( じぜん ) 当日 ( とうじつ ) 面接 ( めんせつ ) 使 ( つか ) うアプリでテストをしておくと ( ) いです。
このテストも、 ( はや ) めに ( おこな ) いましょう。
問題 ( もんだい ) があったときに、 解決 ( かいけつ ) できるように 時間 ( じかん ) 余裕 ( よゆう ) ( ) ってテストを ( ) ってください。

面接 ( めんせつ ) 適切 ( てきせつ ) 場所 ( ばしょ )

2つ ( ) は、 適切 ( てきせつ ) 場所 ( ばしょ ) 面接 ( めんせつ ) ( おこな ) いましょう。
オンライン 面接 ( めんせつ ) といっても、しっかりとした 正式 ( せいしき ) 面接 ( めんせつ ) です。

面接 ( めんせつ ) をするときの 場所 ( ばしょ ) は、

  • 無地 ( むじ ) やシンプルな ( かべ ) ( まえ )
  • ( あか ) るい 場所 ( ばしょ )

( おこな ) いましょう。

( かべ ) ( ) ったポスターや ( かた ) づけられていないモノがカメラに ( うつ ) ( ) むのはだめです。
( くら ) 場所 ( ばしょ ) 面接 ( めんせつ ) をするのもだめです。 画面 ( がめん ) ( くら ) くなり、 相手 ( あいて ) ( くら ) 印象 ( いんしょう ) ( ) たれてしまいます。
面接 ( めんせつ ) ( まえ ) にしっかり 整理 ( せいり ) 整頓 ( せいとん ) された ( あか ) るい 場所 ( ばしょ ) 準備 ( じゅんび ) しておきましょう。

スマートフォンの 固定 ( こてい )

3つ ( ) は、スマートフォンで 面接 ( めんせつ ) する ( ひと ) はしっかり 固定 ( こてい ) しておきましょう。
面接 ( めんせつ ) をするときスマートフォンを 使 ( つか ) ( ほう ) ( おお ) いと ( おも ) います。
( なに ) かに ( ) てかけて 面接 ( めんせつ ) をすると、 ( たお ) れてしまい 面接 ( めんせつ ) がスムーズに ( すす ) められません。
また、スマートフォンは 自分 ( じぶん ) ( かお ) 正面 ( まとも ) になるようにおきましょう。
自分 ( じぶん ) ( かお ) よりも ( もと ) ( ) くと、 ( かお ) がよく ( ) えなくて 表情 ( ひょうじょう ) ( つた ) わりづらいです。
スマートフォンはしっかり 固定 ( こてい ) して、 自分 ( じぶん ) ( かお ) 正面 ( しょうめん ) ( ) くようにしましょう。

カメラ 目線 ( めせん )

4つ ( ) は、カメラを ( ) ( はな ) しましょう。

画面 ( がめん ) ( うつ ) 面接官 ( めんせつかん ) ばかり ( ) ていると、 相手 ( あいて ) からは ( した ) ( ) ているように ( ) えてしまいます。
カメラを ( ) ることで、 面接官 ( めんせつかん ) ( ) ( ) っているように ( ) えるのでしっかりカメラを ( ) てください。
面接官 ( めんせつかん ) がどのような 表情 ( ひょうじょう ) をして ( ) いているか ( ) になってしまうと ( おも ) いますが、あなたの 印象 ( いんしょう ) をよくするためにもカメラを ( ) ( はな ) すようにしましょう

返事 ( へんじ ) などのリアクション

5つ ( ) は、リアクションを ( ) りながら 面接 ( めんせつ ) をしましょう。
オンライン 面接 ( めんせつ ) で、ずっと ( だま ) って、 ( ) まったまま ( はなし ) ( ) いていると、 相手 ( あいて ) ( ) こえているのかな?と 心配 ( しんぱい ) になります。
面接官 ( めんせつかん ) ( はな ) しているときは、「うなずく」こと「はい」などの 返事 ( へんじ ) をして、 ( ) こえています、という 反応 ( はんのう ) をしてください。
あとは 笑顔 ( えがお ) 大切 ( たいせつ ) です。これはオンライン 面接 ( めんせつ ) だけでなく、どのような 状況 ( じょうきょう ) でも 必要 ( ひつよう ) です。 笑顔 ( えがお ) がないと、つまらなそうに ( ) えます。
面接官 ( めんせつかん ) 本当 ( ほんとう ) にこの 会社 ( かいしゃ ) ( はたら ) きたいのかな?と ( かん ) じます。
なので、 笑顔 ( えがお ) でいることを ( こころ ) がけましょう。

以上 ( いじょう ) が「 面接 ( めんせつ ) 絶対 ( ぜったい ) 注意 ( ちゅうい ) しなければならない、5つのこと」でした。
これらのことに ( ) ( ) けて 面接 ( めんせつ ) にのぞんでください。
みなさんの 面接 ( めんせつ ) がうまくいくことを 応援 ( おうえん ) しています。

動画(どうが)()たいひとはこちらから

目次 もくじ -INDEX-

  1. オンライン面接(めんせつ)場所(ばしょ)
  2. オンライン面接(めんせつ)での服装(ふくそう)髪型(かみがた)
    1. 服装(ふくそう)
    2. 男性(だんせい)髪型(かみがた)
    3. 女性(じょせい)髪形(かみかたち)・メイク

こんにちは。
今回(こんかい)はオンライン面接(めんせつ)のときの()だしなみについてお(はな)します。
オンライン面接(めんせつ)でも通常(つうじょう)面接(めんせつ)(おな)じく()だしなみを(ととの)える必要(ひつよう)があります。

オンライン面接(めんせつ)場所(ばしょ)

まず、オンライン面接(めんせつ)のときは部屋(へや)をきれいにしましょう。
オンライン面接(めんせつ)では部屋(へや)一部(いちぶ)(うつ)ってしまいます。
家具(かぐ)などが(うつ)らない(かべ)(まえ)やカーテンの(まえ)(おこな)うのがおすすめです。

それが(むずか)しい場合(ばあい)部屋(へや)をきれいにして面接(めんせつ)(ひと)()ても(いや)(おも)いをしないように(ととの)えましょう。

どの部分(ぶぶん)(うつ)るかどのように(うつ)るか()るためにも、一度(いちど)Zoomなどでテストをすることをお(すす)めします。

オンライン面接(めんせつ)での服装(ふくそう)髪型(かみがた)

服装(ふくそう)

服装(ふくそう)(とく)指定(してい)がない場合(ばあい)、スーツを()ます。
(いえ)だからといって(いえ)()ごす(ふく)のままで面接(めんせつ)参加(さんか)してはいけません。
カメラに(うつ)らないから(した)部分(ぶぶん)着替(きが)えないなどは()くありません。
最後(さいご)挨拶(あいさつ)をするときに()ってお辞儀(じぎ)をするかもしれません。
どの部分(ぶぶん)がカメラに(うつ)っても()ずかしくないように全身(ぜんしん)面接(めんせつ)服装(ふくそう)準備(じゅんび)しましょう。

ここからは男性(だんせい)女性(じょせい)()けて面接(めんせつ)()だしなみについて説明(せつめい)します。

男性(だんせい)()だしなみ

男性(だんせい)服装(ふくそう)は、(しろ)いまたは無地(むじ)のシンプルなワイシャツを()ましょう。
シャツにしわがあると印象(いんしょう)()くないので、アイロンをかけるなどの準備(じゅんび)必要(ひつよう)です。
ネネクタイは派手(はで)(いろ)でないもの、デザインがあまりないものを用意(ようい)します。
面接(めんせつ)(まえ)(かがみ)などを使(つか)い、ネクタイがずれていないか確認(かくにん)してから面接(めんせつ)参加(さんか)しましょう
その(うえ)からジャケットを()て、スーツのズボンをはきます。
スーツの(いろ)はネイビーやチャコールグレー、ブラウンなどがいいです。

女性(じょせい)髪形(かみがた)・メイク

(つぎ)女性(じょせい)です。

女性(じょせい)服装(ふくそう)(しろ)いワイシャツやブラウスなどを()ましょう。
その(うえ)からジャケットを()ます。
スーツは(くろ)かチャコールグレー、ネイビーを用意(ようい)しましょう。
(した)はパンツでもスカートでもどちらでもいいです。

髪形(かみがた)はお辞儀(じぎ)をしたときに(かお)にかからないようにしましょう。
(なが)(ひと)(かみ)を1つにまとめます。
前髪(まえがみ)(かみ)(みじか)くてお辞儀(じぎ)をしたときに(かお)にかかる(ひと)はスプレーやワックス、ヘアピンなどを使(つか)いましょう。

メイクについてですが、ノーメイクはよくありません。
しかし、派手(はで)なメイクをしてしまうのもよくありません。
顔色(かおいろ)()くみえるように、(うす)くメイクをするのがいいです。
アイシャドウやリップは(うす)めの(いろ)使(つか)い、チークも()くなり()ぎないように注意(ちゅうい)しましょう。

面接(めんせつ)のときネックレス、ピアスなどのアクセサリーは(はず)しましょう。

しっかり()だしなみを(ととの)えて面接(めんせつ)参加(さんか)しましょう。

目次

  1. 文化や習慣の違いがある前提で雇用する
  2. 起こりうる問題やトラブル5選
    1. 外国人社員とのコミュニケーション問題~①挨拶・②報連相~
    2. 給与やボーナスについてオープンに話す文化
    3. 外国人社員が残業をしてくれない
    4. 転職に関する意識の差でのトラブル
  3. まとめ

日本人でさえ育った環境によって性格や考え方、習慣が違うので、外国人が異なる文化や風習を持っていることはごく当たり前のことです。
そのため、会社に対する常識も異なってきます。
この記事では、起こりうるトラブルの事例をあげ、解決方法をご紹介します。

文化や習慣の違いがある前提で雇用する

外国人労働者をの雇用したときのトラブルで多いのが、仕事に対しての考え方の違いや日本の常識となっている習慣が通じないことです。

同じアジア人であっても、食事する際、日本人はお皿を持って食べるのがマナーですが、韓国ではお皿を持って食事をするのはマナー違反になります。
先述しましたが、日本人でさえ習慣が違うので、外国人が異なる文化や風習を持っていることはごく当たり前のことです。

そのため、雇用する外国人の文化や習慣をよく理解した上で外国人労働者の受け入れを検討する必要があります。

食事のマナー・文化

起こりうる問題やトラブル5選

外国人社員とのコミュニケーション問題

挨拶

コミュニケーションは言語問題だけではありません。

日本人だったら挨拶するのは当たり前ですが、国によってはあいさつの習慣がない国もあります。

タイではもともと挨拶に該当する言葉がありませんでした。知り合いに会ったときなどは、微笑むことで意思疎通をとっているといいます。そんなことから「微笑みの国」と言われるようになったみたいです。
代わりに、「ご飯食べた?」「どこ行くの?」といった言葉をなげかけてコミュニケーションをとります。日本人だと、食事の時間でもないのに何を急に聞いてくるの?と思うかもしれません。

また、タイ・ミャンマー・ベトナムなどの東南アジアの国では会社で毎日顔を合わせるような場合、あいさつをしないのは普通です。黙って職場に入り、黙って職場を去るといったことが日常的に行われています。

こういった文化のギャップは必ず存在します。

日本の挨拶をしてくれなくても、わざとしないのではなく、習慣がないからしていないだけかもしれませんので、ショックを受けず、「日本はこういった文化があるけど、○○(外国人の出身国)ではない?」とまずは相手の立場に立って聞いてあげるのが最優先です。
そして、日本ではまずは挨拶から始めることを教えてあげましょう。

ポイント

「日本はこういった文化があるけど、○○(外国人の出身国)ではない?」と聞く

  • ないと言われた場合:みんなが気持ちよく働くためにある習慣だからやるなど理由を伝えて教育する
  • あると言われた場合:習慣はあるが日本も同じ習慣か分からなかったため、やらなかった可能性もあるのでまずは理由をきいてから教育する

といったように、頭ごなしに「何でしないの?」「普通するよね?」などと言わず、相手の価値観を尊重し教育していくことが重要です。

基本の「報・連・相」

業務の報連相(報告・連絡・相談)も仕事をスムーズに行う上でとても重要です。しかし、外国では仕事において報連相をしないことが多いようです。
ですから「報連相をしてください」と外国人に伝えても、報連相の意味や必要性が理解できず、おろそかにしてしまう外国人従業員がかなり出てきます。

報連相をしてほしいがその必要性をどう説明していいか分からない場合は、下記のように、時間軸:過去→現在→未来で説明することをおすすめします。

ポイント

外国人に報連相を伝える際は、報告は「過去のこと」、連絡は「現在進行形のこと」、相談は「未来へ向かって行うこと」といった時間軸で説明すると外国人にも分かりやすく覚えやすいです。

給与やボーナスについてオープンに話す文化

日本人ではあまりないですが、国によっては自分の給与やボーナスについてオープンに話す方もいます。給与の話などはしないでくださいと注意をしても守るとは言えません。

ポイント

対策としては、給与基準と査定基準を出来る限り定めておくことです。
数字を用いた目標設定や、資格の有無、話せる言語数などに対して定めることをお勧めします。説明を求められたときに明確な基準があると説明ができます。
また、雇用契約書に自信の給与やボーナスを口外しないことを定めておくことも可能です。

外国人社員が残業をしてくれない

外国人みんなが残業をしないわけではありません。一例としてご説明します。欧米諸国の雇用契約には採用された人が行う職務が詳しく記載されています。
それを見れば自分が何の仕事をすればいいのか分かるほど詳しく書かれていることがあります。

分業制かつ裁量労働制が多く取り入れられており、その場合自分の仕事が終われば帰ることが通常です。チームワークを疎かにしているのではなく、自分の仕事をするという契約が行われているからです。
日本は良くも悪くも、「助け合う精神」が仕事であっても根強いです。自分だけの仕事が終わって帰ってしまう外国人従業員を見て、びっくりするかもしれませんが、これも各国での雇用形態の違いによるギャップです。

残業をしない理由によって対処法を説明します。

ポイント

仕事が終わってないのに残業をしない場合

ケース①能力に見合った業務量でない
雇用したからには力を発揮して働いてもらいたいのが企業側の本音です。この量の業務はやってほしいという希望がありますよね。時間内に終わるように生産性の向上を改めて一緒に考えてみるのもいいと思います。「外国人を雇用して、改めて業務内容を精査することで業務の生産性があがった」という声はよく耳にします。
ケース②任せた業務は終わっていないがプライベートを優先してしまう
メリハリをつけた仕事ができるように指導しましょう。このケースでは、企業の経理理念や行動指針を理解してもらうことが重要です。決してプライベートを疎かにして仕事をしなさいと言うわけではありません。外国人従業員にも企業への帰属意識を持ってもらうことで、仕事も頑張ってプライベートも楽しむといったメリハリのついた働き方を指導します。

海外ではチップの習慣がある国があります。ウエイター・ウエイトレスやベルマン、ドアマンなどはお客様からチップを頂くことは+αの収入になります。
ホスピタリティー精神で自分の仕事以外の仕事をすると、他の従業員が稼ぐ分のチップを奪うことになります。こういったこともあるため、分業制として分けられている面があります。
日本では「おもてなしの心」で行われることも海外ではタブーとされていることがあります。

法律により、下記のような場合は労働者は残業を法的に拒否できますのでご注意ください。

  • 36協定が締結されていないのに残業をさせる
  • 36協定で定めた上限を超える残業をさせる
  • 不必要な残業をさせる
  • 健康を害するあるいは健康に配慮しない残業をさせる
  • 妊産婦が残業をしないことを請求した
  • 3歳に満たない子どもを養育する労働者に対し、「所定労働時間」を超えて働かせる
  • 小学校就学始期に達するまでの子どもを養育する労働者に対し、制限時間(1ヶ月24時間、1年150時間)を超えて働かせる

転職に関する意識の差でのトラブル

組織の構造がもともと違う

海外では、“成果を上げられなかったため当日付けで解雇”といった例は正社員でもよくあります。契約していた職務がはっきりと決まっているため、目標に達しなった人はやめていくことがあります。
こういった背景もあり、転職は当たり前で日本のように1社に長期間所属する意識が低い国もあります。
しかし、せっかく雇用した外国人従業員にすぐにやめられたら困りますね。その対処法を説明します。

ポイント
日頃から、外国人従業員の意見や感じていることを吸い上げる
困っていることや・やってみたいこと・不満など感じていることを吸い上げる人を選任し、コミュニケーションをとってもらうことで改善することがあります。
母国語ではない言語で仕事をするだけでも日本人従業員より頭を使ったり、意思疎通に困ったりしていると思います。就業中のちょっとした息抜きの会話はとても有意義になると思います。 日本人でも新入社員に対してメンター制度を導入している企業があります。外国人従業員にもそういった制度を付けてもいいと思います。
よく話しかける
ちょっとしたことでも話しかけてもらえると、人間居場所があると思えてきます。気軽に話しかけることで、業務になったときにも困ったときなどすぐに聞いてもらえるようになります。コミュニケーションの積み重ねが転職の意思を生まないことに繋がります。
違う仕事がしたいと言われた場合
日本では1社でジョブチェンジが可能な点がメリットです。 企業の体質やその時のビジネス展開にもよりますが、社内で新しい職種にチェンジすることも例外ではありません。新たな職務に任命することも考えてみてはどうでしょうか。
外国人採用後のトラブルと対応策まとめ
  • コミュニケーション「挨拶」→文化を認識した上で教育をする
  • コミュニケーション「報連相」→時間軸:過去→現在→未来で説明する
  • 給与やボーナスについてオープンに話す→給与基準と査定基準を出来る限り定めておく
  • 残業をしてくれない→生産性の向上を考える。企業理念・行動指針の周知でメリハリをつけてもらう
  • 転職に関する意識の差→日頃のコミュニケーションによって意思の吸い上げ。社内のジョブチェンジを提案。

以上が起こりうるトラブルと解決策になります。
事前に起こりうる問題を知っておくことで、対応ができると思います。
また、トラブル事例をあげましたが外国人従業員を雇用するにあたってのメリットもたくさんあります!
是非、外国人従業員を仲間に迎えて新しい風を吹かせてもらいましょう!