JumpJapan

お気軽にお問い合わせください
03-5640-1770 【営業時間】平日 9時-17時30分

特定技能の試験を受験するのは、受入れ機関との雇用に関する契約の締結前ですか、後ですか。

技能実習2号を修了していない外国人が特定技能の在留資格を取得するには、技能試験と日本語試験に合格することが必要です。 基本的には、技能試験及び日本語試験に合格した後に、受入れ機関との間で雇用に関する契約が締結されることがあります。 しかし,雇用に関する契約を締結した上(採用が決まった上)で各試験を受けることも法律上禁止されていませんが,必要な各試験に合格しなければ、「特定技能」の在留資格の許可を受けることはできません。

特定技能についてのよくある質問