軽微変更届の改善要望 例:時間外労働について36 協定の上限時間までの時間外労働が許容されておらず、時間 外労働が月45 時間を超えた場合 (※1年単位の変形労働制を採用している企業は、42 時間を超えた場合)は、 軽微変更届出書が必要 。煩雑でわかりにくい。

意見交換会でのご意見・ご要望

軽微変更届の改善要望 例:時間外労働について36 協定の上限時間までの時間外労働が許容されておらず、時間 外労働が月45 時間を超えた場合 (※1年単位の変形労働制を採用している企業は、42 時間を超えた場合)は、 軽微変更届出書が必要 。煩雑でわかりにくい。

木村義雄先生の回答

技能実習の目的は本来、労働ではないです。
ですが、特別に時間外労働を認めているということなのです。
目的が労働ではないことを考えると、現状でも役所としては便宜を図っている方ではないでしょうか。